ニュース

2021.07.11 東京ユナイテッドFC

【TU試合結果】 KSL前期11節 vsエスペランサSC

今節の相手は勝点13で並ぶ、エスペランサSC。

関東リーグにおいては、2015年の関東選手権を経て昇格したことで、同期とも言える存在。

今季はエスペランサSCの方が試合数現時点でが3つ少ないことを考えると、上位進出のためには負けてはいけない相手。

試合開始早々、ロングボールとロングスローでユナイテッドゴールへ迫るエスペランサに対して、ユナイテッドの守備陣は冷静に対応し、弾き返す展開。

そんな中の前半23分、④鈴木(大)が大きくクリアしたボールに対して相手GKが飛び出してクリア。そのボールを拾った㉙服部が相手GKの頭上を越えるループシュートが決まり大きな先制点。(1-0)

その後、追い付かれて前半を1-1で折り返したが、前半終了直前に降り出した雨が一気に強くなり、雷が轟く。

後半は30分程遅れて開始するも、嵐のような展開の予感。

実際、後半は一進一退でスコアは動かないものの、前半以上に激しい展開。

後半ロスタイムにドラマチックな展開。

ラストプレーと思われたユナイテッドのフリーキックから㉒五十嵐のクロスを上げ、⑪佐々木が落としたボールを④鈴木(大)がシュート。

当たり損ねに思えたが、ボールはそのままエスペランサゴールに吸い込まれる。(2-1)

【関東サッカーリーグ1部 前期11節】

2021年7月11日(日)16:00キックオフ

東京ユナイテッドFC 2-1 エスペランサSC

(STARTING XI)

▼GK 31田原

▼DF 22五十嵐、24椿、4鈴木(大)

▼MF 19鈴木(康)、27大塚、8瀬川、12小谷、30大野

▼FW 29服部、33菊池

(SUBSTITUTE)

1水野、20望月、32井上(大)、11佐々木、23薄葉、34鈴木(翔)、9岩田

会場となった、フクダ電子アリーナ。

フクダ電子様、ありがとうございました!

本日のスターティングイレブン

試合前の円陣

㉙服部のロングシュートで先制点!

ロスタイムの劇的な決勝点での勝利!

ボランティアの皆様との写真撮影