ニュース

2020.11.01 プラス

東京ユナイテッドFC+Plusが都リーグ3位の座を掴み、関東大会へ

東京都社会人サッカーリーグ1部の1stステージを勝ち抜いた4チームによる、2ndステージ「順位決定戦」が11月1日に開催され、Bグループ2位で3位決定戦に臨んだ東京ユナイテッドFC+plusは、Aグループ2位の八王子FCに2-1で競り勝ち、3位の座を掴みました。

東京ユナイテッドFC+Plusは前半ロスタイムに川田の放ったシュートの跳ね返りを小田が蹴り入れ、先制点。

その後、追いつかれて1-1で迎えた75分に小出がフリーキックからへディングを決め、決勝ゴール。

東京ユナイテッドFC+plusは3位として、「第54回関東社会人サッカー大会」への出場権を獲得しました。

関東社会人サッカー大会は関東1都7県の代表16チームがトーナメント方式で争い、決勝に勝ち残った2チームが来季の関東2部へと昇格となります。

11月14日から埼玉県の各地で1回戦がスタートし、東京3位の東京ユナイテッドFC+plusは、群馬1位のtonan前橋サテライトと対戦。

初戦に勝てば、翌15日に準々決勝を行い、11月28日の準決勝、29日の決勝と進みます。

(TOKYO FOOTBALL記事)

東京プラスは小出が決勝点 八王子に2-1勝利

動画ハイライト

関東大会は千葉県を除く14チームが決定 南葛は品川CCと対戦

関東社会人サッカー大会組合せ