ニュース

2021.02.02 クラブ

東京武蔵野ユナイテッドFCのエンブレムについて

『スポーツを通じた社会貢献・人材育成』という同じ志を持つ「東京ユナイテッドFC」と「東京武蔵野シティFC」。

新たに誕生した【東京武蔵野ユナイテッドFC】のエンブレムには、それぞれのルーツをエンブレムに融合させています。

上に位置する「銀杏」は、東京ユナイテッドFCのルーツである東京大学運動会ア式蹴球部の紋章でもあり、文京区の木でもあります。

下の「荒鷲」は、同じく東京ユナイテッドFCのルーツである慶應義塾体育会ソッカー部のシンボルです。

そして右側の「ペンとボール」は、クラブの理念である『文武融合』を表しており、左側の「紫草」は、東京武蔵野シティFCのホームタウンである武蔵野を象徴しています。