ニュース

2020.06.05 クラブ

東京ユナイテッドFCと明治安田生命保険相互会社がパートナーシップ契約を締結

このたび、東京ユナイテッドFC(関東リーグ1部)を運営する一般社団法人CLUB LB&BRB(共同代表 福田雅/人見秀司)は、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(以下、Jリーグ)のタイトルパートナーでもある明治安田生命保険相互会社上野支社(上野支社長 吉村尚希) とパートナーシップ契約を締結いたしました。

東京ユナイテッドFCが掲げる『東京を世界一の健康寿命へ〜健康都市TOKYOの実現〜』のVISIONの実現に向けて、地域社会の活性化と課題解決に貢献し、新しい価値を共に創造・提供し続けるために本パートナーシップ契約を締結いたしました。コロナ禍で大変な状況ではございますが、地域の皆様や、明治安田生命保険の従業員の皆様と共に、「みんなの健活プロジェクト」などの協働を通じて、地域社会の健康増進を積極的にサポートしてまいります。

そして、東京23区からJリーグクラブへと成長する道のりを共に歩んでいきます。

■明治安田生命保険相互会社  

Jリーグの「地域に根差したスポーツクラブを核として、豊かなスポーツ文化を醸成する」という理念に共感し、2014年からJ1・J2リーグのトップパートナーおよびJ3リーグのタイトルパートナー、2015年からはJ1・J2・J3の全リーグカテゴリーのタイトルパートナーとしてJリーグを応援しています。これまで、全国の支社等が地元のJリーグ全56クラブ等と個別にスポンサー契約を締結し、従業員が地域のみなさまと一体となってスタジアムに足を運び、地元のJクラブ等を応援するとともに、各クラブを支援するスポンサー企業等との関係を強化するなど、従来のスポーツ協賛の枠組みを超えた応援活動を行なってきました。全国各地域で「地域社会との絆」を深める活動を展開しており、「みんなの健活動プロジェクト」と題して、ウォーキングイベントやサッカー教室や社会人向けフットサル大会などを開催しています。2020年4月には文京区内に後楽園営業所を開設いたしました。