ニュース

2019.01.01 クラブ

人見秀司 共同代表 新年ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

旧年は東京ユナイテッドFCにご声援頂きありがとうございます。

2019年、「JFL昇格」に向けた3度目の挑戦が始まります。

クラブの顔でもあった元日本代表 岩政大樹は、もういません。

主将としてチームを牽引してきたファン・テジュン&テソン兄弟もいません。

岩政はチームに大切なDNAを残してくれたと共に、次のステージに進むための課題を明確化してくれたと思います。

関東リーグを勝ち抜き、地域チャンピオンズリーグを突破するために必要なものは何か?

ピッチ内外、様々な要因があると思いますが、一番大切なものは『執着心』ではないかと思います。

チームとして、個人として、どこまで「JFL昇格」に執着できるか。目の前にある、Jリーグでも、JFLでもない、このカテゴリーのサッカーに執着できるか。1試合1試合、1日1日の練習に、どこまで執着できるか…。

プロ選手、セミプロ選手、そしてビジネスマン選手、それぞれが、それぞれの環境でサッカーと向き合いますが、ピッチに立てば全ては同じです。

JFL昇格への道のりは険しく、極めて不確実性が高いレギュレーションです。精神論だけで勝てるはずもありませんが、真夏のリーグ戦、トーナメント5連戦、このカテゴリーの戦いを真正面から受け入れることから、全ては始まります。

2019年、東京ユナイテッドFCの戦いにご注目頂ければ幸いです。

そして、皆様と共に戦い、苦しみ、哀しみ、歓喜の瞬間を共有できるよう頑張ります。

今シーズンも何卒、宜しくお願いします。

2019年 元旦

共同代表 人見秀司