ニュース

2019.12.05 クラブ

2019シーズンの終了に際して 人見共同代表からのメッセージ

先週末の関東リーグ市原PENALTYカップもって、

東京ユナイテッドFCの2019年シーズンが終了しました。

日頃、クラブを支えて頂いておりますスポンサー、サポーターをはじめとする

関係者すべての方に御礼を申し上げます。

 

今シーズン、3度目の正直で臨んだ関東リーグ1部でしたが、

目標である「JFL昇格」を達成することができませんでした。

関東リーグ2位、全国社会人サッカー選手権大会初戦敗退と、

JFL昇格を決める地域チャンピオンズリーグに出場することすらできませんでした。

そして、関東リーグを優勝したVONDS市原もJFL昇格を逃しました。

 

JFL昇格するチームに必要なものは何なのか…。

今シーズンはじめに、私は【執着心】という言葉を掲げました。

我々の目の前にある「関東リーグ」そして、「サッカー」に、どこまで執着できたのか…。

鹿児島でTIAMO枚方に敗れた夜からずーっと、

今シーズンを振り返り、反省し、悩み、考え続けている次第です。

 

ただ、何かを成し遂げる集団には、規律と結束、そして熱量が必要不可欠だと思います。

熱量とは、個々の情熱はもとより、真剣勝負の中で生まれる摩擦であり、

チームの仲間に対する思いやりやリスペクト、周囲の人々を熱く感動させるプレーなど、

チームとしての圧倒的な熱量が足りなかったと思います。

 

個人として、負けて得られるモノがあっても、チームとして残るものはありません。

勝利こそ未来であり、敗北は過去です。

明日の勝利を求めて、前に進まなければいけません。

 

東京ユナイテッドFCの新しい未来を切り開くべく、来シーズンも戦い続けます。

JFLという開かずの扉を、何としてもこじ開けたいと思います。

今後とも、何卒、宜しくお願いします。

 

来年また、ホーム小石川運動場でお会いしましょう。

 

東京ユナイテッドFC共同代表

人見秀司

東京カップ優勝

 

 

市原カップ優勝