ニュース

2016.01.23 クラブ

【ブログ】ビッグマウス・スモールアクション

はじめまして、共同代表の人見秀司です。

今年から、スタッフブログを書かせて頂きます。不定期ということでお願いします。

(何事も、継続は力なり。と言いますが、いかんせん本ブログを「継続する力」そのものが、自分にあるのか?全く自信がございません。)

以前、2009年に慶應義塾体育会ソッカー部のコーチに就任した当初は、

狂ったようにブログ(

コチラ→「サッカーボールをめぐる冒険」

)を書いていた時期もありましたが、職場環境の変化、家庭環境の変化、そして、自分自身の心境の変化から中断しておりました。

今年は、この場をお借りしてブログ書きますので、今後とも、宜しくお願いします。

「ビッグマウス・スモールアクション」

先日、会社の後輩が年頭挨拶で使っていたキーワードです。上手いこと言うなぁと。

自分もよく、「志高く、小さなことからコツコツと取り組む所存でございます。~云々」という表現をよく使っていたのですが、要するにコレだなと。これから、パクリます。

「ビッグマウス」と言えば、

我々LB-BRB TOKYOのユニフォームサプライヤーでもあるドーム社(アンダーアーマー)が、先日、福島県リーグ2部からJリーグを目指す「いわきFC」を創設するというニュースが業界で少々話題になりました。

→いわきFC公式サイト

いみじくも、私と共同代表兼監督福田雅の暁星高校サッカー部の先輩でもある、大倉智さん(元湘南ベルマーレ平塚社長)が社長ということも何かしらのご縁を勝手に感じております。

福島県リーグ2部からJリーグ入りを目指すだけでなく、

「いわき市を東北一の都市にする。(要するに仙台越え)」

「100億円クラブを創設する。(浦和レッズ約60億円越え)」などなど、

ビッグビジョンを掲げてスタートしました。

とはいえ、ドーム社の現場の方のお話を聞くと、やっていることは本当に地道な活動そのもの。選手集めから、選手登録、チーム用具管理(アンダーアーマーの審判グッズがない?)など、県リーグ2部運営そのものです。

LB-BRB TOKYOも、「2020年Jリーグ参入」「300億円クラブを目指す!」とか、

「2年後にJFL昇格!」などと、大きなことを言ってますが、とにかく、今年も地道にコツコツ頑張ります。

新しい取り組みもいくつか始まります。関東1部昇格はもとより、ホームタウンである文京区を起点に、地域のために何ができるのか、スポンサー、サポーターのために何ができるのか、社会のためにどうあるべきなのか、考えながら一歩一歩着実に進んで行きたいと思います。

個人的には、Jリーグ創設20年を過ぎ、岡田監督の

FC今治

や、いわきFC、そして、LB-BRB TOKYOといった、今までとは少々異なる形態のクラブが増えることは、(若干)閉塞感漂う、日本サッカー界、ひいては、日本スポーツ界に新しい風を吹かせるキッカケになるのではと考えます。もちろん、いわき市と、東京23区は地政学的にも、経済・人口規模など全く異なりますので、クラブ発展のアプローチは当然異なります。

何故、どうやって、誰と、東京23区内にプロサッカークラブを創設するのか?

その意味や、ビジョンについては、またの機会に。

■明日より、2016年シーズンが開幕します。応援、宜しくお願い致します。

東京カップ(天皇杯)1回戦vs東芝イーグルス

1月24日(日)11:00@清瀬内山運動公園サッカー場A面

共同代表 人見秀司