試合情報

2020関東サッカーリーグ 後期第5節

2020.09.06(日) 17:00 KICK OFF AWAY 無観客試合
ブリオベッカ浦安 ブリオベッカ浦安
1

試合終了

0 前半 1
1 後半 0
1
東京ユナイテッドFC 東京ユナイテッドFC

試合経過

7' 選手交代 菊池 将太(out) → 飯島 秀教(in)
ブリオベッカ浦安 イエローカード 27'
32' ゴール 室崎 雄斗
57' イエローカード 保坂 一成
58' イエローカード 田中 優毅
ブリオベッカ浦安 ゴール 60'
64' 選手交代 久保 匠吾(out) → 梅内 和磨(in)
73' 選手交代 伊藤大祐(out) → 川戸 大樹(in)
ブリオベッカ浦安 イエローカード 76'
90'+4 イエローカード 井上 大

東京ユナイテッドFC東京ユナイテッドFC

スターティングメンバー

GK 41 古島 圭人
DF 3 田中 優毅
DF 5 香西 克哉
DF 6 井上 大
DF 18 宮内 雄希
MF 4 保坂 一成
MF 8 室崎 雄斗
MF 14 日高 慶太
MF 23 伊藤大祐 選手交代73
FW 13 菊池 将太 選手交代7
FW 30 久保 匠吾 選手交代64

控えメンバー

GK 1 伊藤 剛
MF 7 川戸 大樹 選手交代73
MF 10 伊藤 光輝
MF 19 沖山 正信
FW 9 飯島 秀教 選手交代7
FW 11 梅内 和磨 選手交代64
FW 26 佐々木 陸

監督

  • 森 一哉

マッチレポート

栃木シティ、東京23に2連敗し2勝2敗、崖っぷちで迎える後期第5節ブリオベッカ浦安戦。元日本代表・都並敏史監督が率いる浦安は3勝1分と、ここまで無敗で勢いに乗るチーム。

連敗脱出のためには当然、何らかの「変化」が必要である。森監督は、前節からスターティングメンバー5名を入換えFW㉚久保、⑬菊池、MF④保坂、㉓伊藤大祐、DF⑱宮内を投入し、システム変更も加えて、この一戦に勝負を賭ける。

試合開始直後から、東京ユナイテッドFCの素早いプレスが浦安を押し込み、良い流れで試合を進めるも、前半7分にアクシデント発生。前線で起点となっていた⑬菊池が負傷退場、⑨飯島がピッチへ。想定外の選手交代も、ベテラン飯島が落ち着いて前線でボールを納め、㉚久保が相手DFラインに激しくプレスをかけ続ける。右サイドでは㉓伊藤大祐と③田中がスピードある仕掛けを繰り返し、守っては⑱宮内のコーチングを中心にピッチ上のメンバーが声で繋がり高い集中力を維持する。連続コーナーキックのピンチも幾度となくはじき返す。そして前半32分、⑭日高からパスを受けた⑧室崎がドリブルでカットインして、豪快に右足を振り抜き、待望の先取点を奪う。【1-0】

前半は東京ユナイテッドが1-0とリードで折り返す。

「何とか、このまま1-0で逃げ切りたい…」という思いが強ければ強いほど、知らず知らずと守りに入り、主導権を相手に握られてしまう。前半同様、アグレッシブなプレスを継続し、自陣に縮こまるのではなく、勇気をもって前に行けるかどうかが勝負のカギを握る。

後半開始から、自力のある浦安が攻勢に出る。相手を揺さぶる横パスだけでなく、縦に速いパスを東京ユナイテッド陣内に突き刺す。60分、スピードのある浦安㉛のドリブル突破を防ぎ切れずゴール前でファールを犯す。そのFKを浦安⑱に直接決められ同点に追いつかれる。【1-1】

その後は、浦安に試合の流れを完全に掴まれ、守備の時間帯が続くもGK㊶古島を中心に何とかゴールを死守。64分に⑪梅内、73分に⑦川戸を投入し、攻撃のギアを上げるも決定機をつくることができない。試合終了間際、⑥井上のロングスローからゴール前に人数を掛けるも、最後までゴールを割ることが出来ず試合終了。後半、公式記録上では東京ユナイテッドのシュート数は0本。是が非でも勝たなければいけない試合を落としてしまった。

この試合に敗れて2勝2敗1分、JFL昇格に赤信号に近い黄色信号が点滅した。ただ、まだ可能性がゼロではない。残り4試合、全てに勝利し、「運」を味方につけるしかない。運ぶと書いて「運」、チーム一丸となり「運」を運び込めるか、否か? 東京ユナイテッドの崖っぷちの戦いはまだ終わらない。