試合情報

2019関東サッカーリーグ1部後期1節

2019.07.14(日) 16:00 KICK OFF AWAY IIMURO GLASS 綾瀬市民スポーツセンター
横浜猛蹴 横浜猛蹴
1

試合終了

1 前半 2
0 後半 0
2
東京ユナイテッドFC 東京ユナイテッドFC

試合経過

横浜猛蹴 ゴール 8'
29' イエローカード 鈴木 大河
33' ゴール 川戸 大樹
37' ゴール 川戸 大樹
67' 選手交代 川上 翔平(out) → 平尾 柊人(in)
71' イエローカード 山田 武典
75' イエローカード 香西 克哉
86' イエローカード 川戸 大樹

東京ユナイテッドFC東京ユナイテッドFC

スターティングメンバー

GK 21 大石 文弥
DF 5 香西 克哉
DF 15 渡邉拓也
DF 24 鈴木 大河
DF 22 浅岡 大貴
MF 4 保坂 一成
MF 7 川上 翔平 選手交代67
MF 14 山田 武典
MF 29 川戸 大樹
MF 26 室崎 雄斗
FW 16 佐々木 陸

控えメンバー

GK 41 大迫 衝
DF 20 河野 哲志
MF 8 川越 勇治
MF 17 平尾 柊人 選手交代67
MF 13 小笠原 賢聖
MF 19 塚本 純平
MF 23 岡庭 裕貴

監督

  • 福田 雅

マッチレポート

前節の流通経済大学FCに0-1で敗れ、優勝を狙うには連敗が許されない、横浜猛蹴とのAWAYでの一戦。

開幕戦から全試合スタメン出場の③井上に代わって⑮渡邊が入った以外は、前節と同じスターティングメンバー。

前節、相手選手とヘディングで交錯し鼻骨を骨折した⑤香西も真っ黒なフェイスガードを装着しスタメン出場。

試合開始の16:00にはナイター照明が点灯されるほど、小雨が降りしきる、どんよりとした天気。

 

 

東京ユナイテッドFCのキックオフで試合が始まるも、開始早々のミスで、いきなり相手にCKを与えてしまう。

このワンプレーが、横浜猛蹴に勢いを与え、序盤の悪い試合の流れをつくる。

 

横浜猛蹴の前線からのプレスとシンプルなロングボールに対して、自陣に引き籠るユナイテッド。

 

前半8分、ゴール前にポッカリ空いたスペースを相手㉚に使われ、左足で豪快なミドルシュートを決められ先制点を奪われる。【0-1】

この失点で目が覚めるかと思いきや、なかなかギアが上がらないユナイテッド。

 

前線で⑯佐々木がボールを受けてもサポートなく孤立し、両サイドの⑦川上、㉖室崎も相手DFラインを突破できない。

 

前半29分、左サイドに入った㉔鈴木にイエローカード。チームとしても苛立ちが隠せない。

 

そんな中、ユナイテッドの嫌な雰囲気を断ち切ったのが、今期SC相模原(J3)から加入した㉙川戸。

 

前半33分、左サイドを崩し⑭山田からの中央への折り返しを川戸がゴールに突き刺し同点に追いつく。【1-1】

 

その4分後にはエリア内でボールを受けた川戸が、左サイド角度の無いところから強引にシュートに持ち込み、ニアサイドを抜いて逆転ゴールを決める。【2-1】

 

川戸の2得点で、一気に試合の流れが東京ユナイテッドに傾く。

 

前半44分には、センターバック⑮渡邊からのロングフィードを㉙川戸が見事なトラップで相手DFを置き去りにし、GKと1対1でループシュートを放つも惜しくもバーを越える。

 

前半だけで川戸のシュート数は5本、対する横浜猛蹴のシュート数は得点の1本のみ。

 

 

 

ハーフタイム、福田監督の指示は、無駄なファールと判断ミスを減らし、シンプルなプレーを徹底すること。

横浜猛蹴の狙いは、FKとロングスローでロングボールを放り込み、エリア内でのアクシデントを誘発させること。

わかっていても、ゴール前の競り合いでは何が起こるかわからない…。

 

 

後半6分、相手ロングスローのこぼれ球を㉚にダイレクトボレーを打たれるもバーに直撃でゴール枠外へ。

 

この日キャプテンマークを巻いた④保坂が体を張った守備をゴール前で何度となく見せる。

 

1歩1秒にこだわった相手選手へのアプローチ、その鬼気迫るプレーは、チーム全体の士気と集中力を高める。

 

後半22分、⑦川上に代わって⑰平尾、後半26分には山田に代わって㉓岡庭を投入。

平尾のスピードを活かしたカウンター、岡庭のキープ力で相手に主導権を渡さない。

  

後半30分、⑰平尾が左サイド突破してカットインしてシュートを放つも枠外。

  

後半41分、㉙川戸に代わって⑬小笠原がピッチへ。

 

ロスタイムに自陣ゴール前でFKを与えるも、㉑GK大石を中心に守備陣がゴールに鍵を掛け、2-1で勝利。

 

 

【7勝3敗】

優勝するためには連敗は絶対に許されない。そして、優勝するためには、連勝が必須である。

大切なのは、1試合1試合を良い準備をして臨むこと。

 

次節は、前期2-3で敗れているジョイフル本田つくばFC。

 

同じ相手に2度負ける訳にはいかない。

コメント

川戸 大樹

川戸 大樹

-これまで交代出場が多かった中で、2試合連続の先発となりました。ここ最近の自身の調子はどう捉えていますか?
前節は負けてしまったものの、自分自身のコンディションは良いと感じていました。 トレーニングでもゴール前の得点感覚には手応えがあったので、いつでも試合に出られるよう、準備はできている状態でした。
-そんな中で本日の2得点、ケチャップが出ましたね。2つの得点シーンを振り返って貰えますか。
1得点目は、相手から離れるような動きがよかったと思っています。後はたけ(#14山田)から良いボールがきたので、落ち着いて決めるだけでした。 2得点目は、ファーストタッチが流れたのですが、ニアに思い切り振り抜くことをだけを意識して打ちました。イメージ通りに決まって良かったです。
-雨模様の中、駆けつけてくれたサポーターの皆さま、そしてアウェイまで来れなかったサポーターの皆さまへ次の試合に向けて一言を。
あいにくの天気の中、今節も沢山の応援ありがとうございました! 後期初戦を勝ちきることができ、よかったと思います! まだリーグ戦は残っていますが、1試合ずつ勝ちを積み重ねていけるよう頑張りますので、ぜひ試合会場へ足を運んで下さい!