試合情報

東京カップ2次戦1回戦

2019.03.03(日) 10:00 KICK OFF 駒沢補助競技場
東京ユナイテッドFC 東京ユナイテッドFC
2

試合終了

1 前半 0
1 後半 0
0
東京蹴球団 東京蹴球団

試合経過

浅岡 大貴 イエローカード 26'
山田 武典 ゴール 33'
川上 翔平 イエローカード 35'
浅岡 大貴(out) → 平尾 柊人(in) 選手交代 46'
室崎 雄斗(out) → 新井 幹人(in) 選手交代 64'
永里 源気(out) → 河本 明人(in) 選手交代 74'
川上 翔平(out) → 塚本 純平(in) 選手交代 86'
伊藤 光輝 ゴール 88'
山田 武典(out) → 小笠原 賢聖(in) 選手交代 90'+2

東京ユナイテッドFC東京ユナイテッドFC

スターティングメンバー

GK 21 大石 文弥
DF 2 田鍋 陵太
DF 5 香西 克哉
DF 3 井上 大
DF 24 鈴木 大河
MF 10 伊藤 光輝
MF 14 山田 武典 選手交代90+2
MF 22 浅岡 大貴 選手交代46
FW 9 永里 源気 選手交代74
FW 7 川上 翔平 選手交代86
FW 26 室崎 雄斗 選手交代64

控えメンバー

GK 41 大迫 衝
MF 4 保坂 一成
DF 6 新井 幹人 選手交代64
FW 11 河本 明人 選手交代74
MF 13 小笠原 賢聖 選手交代90+2
FW 17 平尾 柊人 選手交代46
MF 19 塚本 純平 選手交代86

監督

  • 福田 雅

マッチレポート

2019シーズン初の公式戦。スターティングメンバーの半数近く、実に5名が新加入選手。

岩政を始め、主将を務めたテソンなど多くが退団し、皆様にもご心配をお掛けしましたが、新たに加わった選手たちがようやくチームへなじんできました。

 

 

チームとしての初の公式戦は新しい組み合わせに対しての期待も半分、どこまでできるのか

という不安も半分という立ち上がり。

 

キックオフからユナイテッドがボールを支配しつつも、自陣でのファウルで相手にフリーキックを与え、長いボールを放り込まれるシーンが続きます。

とはいえ、そこは個人技に勝るユナイテッド。

徐々に相手陣内でのプレーも増えてきたところで、

 

⑦川上のクロスに対して、⑭山田が飛び込み一度は阻まれたものの、再び山田が頭で押し込んで、前半33分に待望の先制点。【1-0】

 

歓喜の輪が広がりますが、ここですかさず勝負師、福田監督は「ここから5分は集中!」と喝を入れます。

これで選手たちもペースを緩めることなく無事、前半を1−0で折り返し。

 

ハーフタイムには雨足も強まり、体感温度がさらに下がる駒沢公園補助競技場。

 

後半開始時には最初の交代。㉒浅岡に代えて、攻撃のギアを上げるべくスピードスターの⑰平尾を投入。

観客席も震える中で見守りますが、なかなか追加点は奪えず、続々と交代カードを切ります。

 

64分、㉖室崎に代えて⑥新井(FC琉球)

74分、⑨永里に代えて⑪河本

86分、⑦川上に代えて⑲塚本

 

ここでようやく追加点。

伊藤が終了間際に相手選手を1人2人、そして3人、ドリブルで抜き去り豪快にミドルシュート!柏レイソル育ちらしい技術を見せつけて、相手の戦意を奪いました。【2-0】

 

アディショナルタイムの90+2分には⑭山田に代えて⑬小笠原を投入し、5枚目の交代カードを使い切りタイムアップ。

終わってみれば、無失点での勝利。

チームとしての完成度はまだまだ高めていく必要はありますが、J2、J3、地域リーグ、海外クラブなど様々な経歴・経験を持つフレッシュなメンバーが伸びしろを感じさせてくれた試合となりました。

 

 

リーグ戦開幕に向けて、東京カップもあと2試合、勝利を目指して戦います。

応援のほど、よろしくお願いします。

TOKYOFOOTBALL ハイライト動画

コメント

山田 武典

山田 武典

-初戦を終えて率直な感想を
「勝利で2019年シーズンをスタートできて良かった。メンバーも大きく変わってまだまだ連携不足なところもありましたが、失点がなかったのも、とても良かったですね。 この調子で次も頑張ります。」
-得点シーンを振り返ると
「川上選手のクロス精度が高かったので、ヘディングシュートが苦手な僕でも当てることが出来ました。一度は止められたものの、運良く目の前に来てくれてラッキーな得点でした。」

伊藤 光輝

伊藤 光輝

-素晴らしいゴールでしたが
「シュートを打つ意識を持って試合に臨みました。ミキ(⑥新井)やアキトくん(⑪河本)の動き出しのお陰でフリーになれたことでゴールができました。 結果的にタケ(⑭山田)との青学弾となり良かったです。」
-今日の試合を通して
「サポートの距離・タイミング、不必要なミスなどが目立ち試合を難しくしてしまったので、火曜のトレーニングからまた擦り合わせていきたいと思います。 何よりも悪天候の中、守備陣の奮闘のおかげで無失点で勝ち切れたのは自信に繋がる良い試合でした。」