試合情報

全国社会人サッカー選手権大会関東予選 vs日立ビルシステム

2019.06.16(日) 13:30 KICK OFF VONDSグリーンパーク
東京ユナイテッドFC 東京ユナイテッドFC
1

試合終了

0 前半 0
1 後半 0
0
日立ビルシステム 日立ビルシステム

試合経過

河本 明人 ゴール 50'

東京ユナイテッドFC東京ユナイテッドFC

スターティングメンバー

GK 1 杉山 哲
DF 3 井上 大
DF 15 渡邉拓也
DF 24 鈴木 大河
DF 28 永田 充
MF 4 保坂 一成
MF 7 川上 翔平
MF 23 岡庭 裕貴
MF 26 室崎 雄斗
MF 16 佐々木 陸
FW 11 河本 明人

控えメンバー

GK 21 大石 文弥
DF 27 小山 雄士
MF 14 山田 武典
MF 22 浅岡 大貴
MF 29 川戸 大樹
MF 13 小笠原 賢聖
FW 25 本庄 竜大

監督

  • 福田 雅

マッチレポート

全国社会人サッカー選手権大会関東予選決勝。

 

「(来週にVONDSとの大一番のリーグ戦を控えているが)まずはこの試合。

この試合を勝ちきること。80分で勝ちきれなくても、延長含めた100分で勝ち切ろう」という

福田監督の言葉から、勝たなければいけない一戦ということが伝わってくる。

 

 

ピッチ脇の人工芝がめくり上がるほどの強風の中、前半キックオフ。

開始早々から、追い風を利用したユナイテッドが猛攻を仕掛ける。

 

㉔鈴木のシンプルな裏へのボールを、⑪河本がサイドに抜け出しゴール前へ折り返し。

そこに合わせた㉓岡庭のシュートは決定的だったが、日立ビルも体を張ってブロック。

 

日立ビルのこの試合に懸ける意気込みを感じるシーン。

 

今季初スタメン⑯佐々木が前線からアグレッシブなディフェンスで粘り強くボールを奪取。

反応した⑦川上がサイド奥のスペースに走り込んで、中に折り返したボールを岡庭がシュート。

しかし、体を張る日立ビルに再び阻止される。

 

日立ビルの「風下の前半は何が何でも守り切る」覚悟を強く感じさせられる。

 

前半27分。岡庭がドリブルで運び、相手を引きつけると、室崎が裏へ飛び出す。

サイドを深くえぐり、中へ折り返したボールを佐々木がシュートまで至るも惜しくもポストに阻まれる。

 

嫌な予感が漂う。

 

前線からの積極的なアプローチを繰り返し、ユナイテッドが主導権を握り続けるものの、

一瞬の隙を突かれてプレスをかいくぐられる。

キーパーと1対1になる決定的なピンチを迎えるも、ここは①杉山がシュートコースを上手く消し、ボールはゴールから逸れる。

 

風上で試合を優位に進めていたただけに、先制点が欲しかったところだが、0-0で前半終了。

 

 

後半は風下となり、難しい時間が続くかに思われた後半5分。

岡庭から縦に鋭い楔が入り、川上との連携で河本が裏に飛び出し、キーパーと1対1に。

これを河本が冷静にキーパーの右下に流し込み1-0。

 

先制点後は、風の影響も考慮し細かいパスを繋ぎリズムを掴む。

ボールを奪われた後の攻守の切り替えも早く、サイドの裏のスペースを上手く使い、シュートで終わるシーンが続くが追加点は奪えない。

 

後半20分。右サイドバックが上がったスペースを逆に日立ビルにうまく使われてサイド奥までえぐられる。

ゴール前マイナスに流し込まれたボールに、センターバックは反応できず一瞬ヒヤリとするも、危機察知能力に長けているベテラン保坂の戻りにより、難を逃れる。

 

その後も日立ビルにボールを持たれる時間が続き、そんな中、後半ロスタイムにはこの日最大のピンチが訪れる。

ルーズボールが裏に抜けて、日立ビルがそのままゴール前にクロス。

これが風に流されてキーパー杉山の頭を超えてしまう。

失点か!と誰もが思った瞬間、12番目の選手!?のゴールポストがなんとかクリア。

 

ホッとひと息つく間もなく、ピンチはまだ続く。

コーナーキックからストレートボールをファーサイドに蹴られ、相手の長身FWが折り返す。

そのボールに日立ビル選手が体とともになだれ込みゴールに押し込もうと試みる。

しかし、今度はユナイテッド選手が身体を張りゴールを死守。

 

その後も全員でピンチをしのぎ、タイムアップ。

 

 

なんとしても負けられなかったこの一戦。

課題は山積みだが、最後の最後まで全員で守りきり、泥臭くも勝ち切れたことは大きい。

そして改めて言うまでもなく、全国社会人サッカー選手権大会の切符を獲得できたことはチームにとって何よりも大きな収穫。

 

来週からはリーグ戦再開。

対戦相手は首位VONDSを迎えた大一番。

気持ちを切り替え、勝点3をものにして首位との差を縮めたいホーム小石川での一戦。

 

  

みなさまの応援、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

コメント

保坂 一成

保坂 一成

-全社本戦出場を決めて。また、リーグ戦に向けての意気込み。
全社本戦出場という、最低限のノルマを達成できたので良かった。 内容の部分で改善するところは沢山あるけどそこは詰めていって、リーグ再開に向けて、リーグでも1位になれるように、優勝できるように、頑張っていきたいと思います。 応援よろしくお願いします!

永田 充

永田 充

-社会人サッカー、いかがですか。
このカテゴリーに慣れるのに少し時間がかかってると思います。1番はグラウンドで人工芝メインだったりでグラウンドが硬いことです。 ロングボールを対応してくるチームが全体的に多いので、そこの処理も慣れが必要かなと思っています。
-本日の試合を振り返って。
今日は勝てばいいと思っていました。試合内容どうこうじゃなく、その場その場で状況を見ながら、今何すべきか。というのを考えながらやっていました。結果的に勝ち切ったから、これはこれでいいと思います。   あとは複雑な昇格条件ですがリーグ戦で3位以内に入ればいいらしいので、次もVONDSですししっかり勝ちます。ここで1回首位に勝つとメンタル面でも大きく影響すると思うので頑張りたいです。

河本 明人

河本 明人

-「絶対に負けられない戦い」でしたが、どんな気持ちで試合に臨みましたか?
試合を決めるゴールを取ろうと思っていました。
-ゴールシーンを振り返って。
良いフリックが来て、うまく抜け出せたので、キーパーを最後まで見て落ち着いて決めることができました。
-遠くまで駆け付けて下さったサポーターの皆様へメッセージを。
VONDS戦も勝てるように頑張りますので、応援宜しくお願いします!