試合情報

東京カップ2次戦決勝

2018.03.18(日) 10:00 KICK OFF 駒沢補助競技場
CERVEZA FC 東京 CERVEZA FC 東京
0

試合終了

0 前半 1
0 後半 1
2
東京ユナイテッドFC 東京ユナイテッドFC

試合経過

30' イエローカード 伊藤 光輝
黒木 海人 イエローカード 32'
50' 選手交代 小口 大司(out) → 宮澤 弘(in)
52' 選手交代 野村 良平(out) → 川田 悠介(in)
55' ゴール 佐々木 竜太
77' 選手交代 川越 勇治(out) → 保坂 一成(in)
81' 選手交代 能登 正人(out) → 平尾 柊人(in)
大久保 将人 イエローカード 88'
88' 選手交代 杉山 哲(out) → 大野 雄亮(in)
矢野 亮 イエローカード 90'+6
90'+7 ゴール 宮澤 弘

東京ユナイテッドFC東京ユナイテッドFC

スターティングメンバー

GK 51 杉山 哲 選手交代88
DF 5 香西 克哉
DF 18 岩政 大樹
DF 20 附木 雄也
DF 2 井上 大
MF 11 川越 勇治 選手交代77
MF 13 能登 正人 選手交代81
MF 14 野村 良平 選手交代52
MF 7 伊藤 光輝
FW 24 小口 大司 選手交代50
FW 9 佐々木 竜太

控えメンバー

GK 1 大野 雄亮 選手交代88
MF 4 保坂 一成 選手交代77
MF 6 黄 大俊
MF 16 川田 悠介 選手交代52
MF 23 宮澤 弘 選手交代50
FW 27 平尾 柊人 選手交代81
FW 28 李 相赫

監督

  • 福田 雅

マッチレポート

都内の社会人サッカーチームが一堂に会し開催される東京カップ。上は関東リーグから下は区リーグまで、都内各地あらゆるところで戦うこと4ヶ月。そんな東京都社会人サッカー界の頂点を決める戦いの最後の舞台は朝10時の駒沢補助競技場というのも東京カップらしい。

東京カップ1回戦の相手はJリーグ入りを目指す南葛SC、2回戦は企業チームの日立ビルシステム、そして最後の相手は社会人クラブのCERVEZA(以下セルべ)ということで毎週タイプの違うチームと戦うこととなった東京ユナイテッド。

セルべは都リーグ時代から長年やってきた相手。リーグ戦の優勝争いはもちろんだが、両軍のスタッフ、選手ともに出身校や職場が同じ人間が多数所属しており、もはや因縁どころか同じコミュニティのチーム。人見共同代表でさえ、セルべの方に多くの後輩がいるのである。5年前の慶應BRB(以下BRB)時代から

こんな感じ

で毎年やってきて、去年の東京都1部リーグも優勝セルべに2位Bunkyo(今季よりユナイテッドプラス)。BRBが最近ちょっと本気出して、単に名前変えて関東リーグに行ったというだけで、赤のセルべと黄色のBRB、その中身はついこの前まで似たもの同士。今のユナイテッドは新加入の選手が続々と入ってきており、その時代を知る選手は少なくなってきた。しかし、当時とさほど変わらぬメンバーを揃えるセルべからしてみれば、ユナイテッドは同じ目線の相手であるBRBであって、それはつまり倒せる相手と見なしているのである。

こうして今年もこの戦いは始まるが、序盤からやはりハイレベルの戦いに。ユナイテッドは⑨佐々木竜太を中心に、人数をかけて相手陣内に押し込む。それでもクオリティの高いプレイヤーを中盤に揃えるセルべの守備は決して逃げることをせず、ユナイテッドの攻撃を真正面から跳ね返す。しばらくスコアは動かず、逆にユナイテッド自陣のミスからセルべのチャンスとなったシーンが数回あるも、大きなピンチには至らず前半をスコアレスで折り返す。さすがはこの一戦、しかも東京カップ決勝とあって、両軍気持ちが入っている。

前半はほぼ互角の戦いだったが、後半にここ1,2年の差が出たか。耐え続けてきたセルべの守備陣の足がやや止まりかけてきたところで、先に動いたのはユナイテッド。㉔小口に代え㉓宮澤、さらに⑭野村に代え⑯川田を投入。するとその数分後、セルべのカウンターの芽を摘んだ②井上から宮澤、⑦伊藤と繋ぎ、最後は逆サイドから佐々木竜太が押し込んでユナイテッド先制。佐々木竜太は3試合連続先制弾。【1-0】

これでユナイテッドに落ち着きが生まれるも、ここまで後半に強さを見せてきたセルべの攻撃もこのまま黙るわけにはいかず、さらに前がかりになるセルべ。先ほど述べたように、両軍度々バチバチやり合ってきた仲だが、選手個人としても同じ道で交わり続ける者同士。

4年前の早慶戦

においても、ユナイテッドの川田と井上が慶應のユニフォームを着て、セルべの近藤と金澤が早稲田のユニフォームを着てやりあっていた。この対決は2018年もここでまだ続いている。ユナイテッドは⑪川越に代え④保坂、⑬能登に代え㉗平尾を入れ、ポジションを動かしながら追加点を狙う。

しかし、後半43分、セルべのパワープレーによるカウンターでセルべFWと杉山が正面衝突。両者流血負傷退場となり、①大野が緊急出場。最後の最後まで予想通りにいかないのも東京カップである。試合中断もあり、長めのアディショナルタイムがとられる。ここで何かドラマが起こるとしたら、それはユナイテッドにとって悪い予感でもある。しかし、終了間際に宮澤のシュートがセルべ守備陣の手にあたってPK獲得。これを宮澤自ら決めてハッピーエンド。【2-0】

これにて東京カップ初優勝。セルべを倒してこその東京カップの重みと言っても過言ではないだろう。とにかく、これで天皇杯まであと2勝とした。

開幕戦まであと2週間、無敗のままリーグ戦を迎える。

本日も応援ありがとうございました!

来月からいよいよリーグ戦が始まります。応援よろしくお願いいたします!

【東京カップ/動画ハイライト】CERVEZA 0-2 東京ユナイテッド

東京カップ優勝をもちまして、天皇杯出場最終関門となる「東京都サッカートーナメント」の出場が決定いたしました。この大会はJFLの東京武蔵野シティFC、大学代表2チーム、そして東京ユナイテッドFCの4チームによるトーナメントとなります。この大会で優勝すれば、天皇杯出場が決定いたします。

~東京都サッカートーナメント日程~

準決勝 4月22日(日)

決勝 5月12日(土)

会場は準決勝、決勝共に味の素フィールド西が丘。

キックオフ時間、対戦相手は決定次第お知らせ致します。

開催概要は

こちら

コメント

福田 雅 共同代表/監督

福田 雅 共同代表/監督

-東京カップ3試合終えての感想は
多くの選手を見ることができたことは結果として良かった。
-リーグ戦に向けての意気込みは
これから半年以上戦いは続く。チームづくりはまだまだ試行錯誤が続くと思う。完成形は最後の11月だという意識でやっていく。

岩政 大樹

岩政 大樹

-東京カップの手応えは
いろいろなチームと戦えたので、いいプレシーズンとなりました。
-来月開幕のリーグ戦に向けての準備は
ほとんどの選手を使うことができましたし、どの選手もしっかりと今年のコンセプトの中でプレーできていますので、あとは試合を進めながらやっていくだけです。いい準備はできました。