試合情報

2018関東サッカーリーグ1部前期5節

2018.05.05(土) 15:30 KICK OFF HOME 東京多摩フットボールセンター南豊ヶ丘フィールド
東京ユナイテッドFC 東京ユナイテッドFC
1

試合終了

0 前半 0
1 後半 1
1
ヴェルフェたかはら那須 ヴェルフェたかはら那須

試合経過

伊藤 光輝 イエローカード 52'
54' ゴール 神村 秀斗
川田 悠介(out) → 宮澤 弘(in) 選手交代 54'
佐々木 陸(out) → 能登 正人(in) 選手交代 54'
永里 源気(out) → 平尾 柊人(in) 選手交代 67'
伊藤 光輝(out) → 野村 良平(in) 選手交代 78'
香西 克哉 イエローカード 86'
宮澤 弘 ゴール 90'+1
保坂 一成(out) → 塚本 純平(in) 選手交代 90'+3
90'+6 イエローカード 森本 恭介

東京ユナイテッドFC東京ユナイテッドFC

スターティングメンバー

GK 31 杉山 哲
DF 25 黄 大城
DF 6 黄 大俊
DF 5 香西 克哉
DF 11 川越 勇治
MF 7 伊藤 光輝 選手交代78
MF 4 保坂 一成 選手交代90+3
MF 26 佐々木 陸 選手交代54
MF 16 川田 悠介 選手交代54
FW 10 永里 源気 選手交代67
FW 9 佐々木 竜太

控えメンバー

GK 21 神舎 宏
DF 2 井上 大
MF 13 能登 正人 選手交代54
MF 14 野村 良平 選手交代78
MF 29 塚本 純平 選手交代90+3
FW 23 宮澤 弘 選手交代54
FW 27 平尾 柊人 選手交代67

マッチレポート

前節さいたまSCに敗れ、今季初黒星を喫したユナイテッド。

勝たなければならないというプレッシャーに加え、そのさいたまSC戦で負傷した⑱岩政、⑮田鍋の二人が欠場するが、「こんな時だからこそ、いいゲームができるんじゃないか」と福田監督。⑥ファンテジュン、⑩永里、㉖佐々木陸に今季リーグ戦初スタメンを託し、ヴェルフェたかはら那須とのホームゲームに臨む。

キックオフから積極果敢にプレーするユナイテッドイレブン。選手たちがまとう空気感がこれまでとは明らかに違う。五分五分のボールに対する競り合い。ゴールに向かう縦パス。ペナルティエリアに送り込むクロス。そのすべてが良い形でのシュートに繋がったわけではないが、プレーの一つ一つが強く、速く、激しく、そして熱い。観ている者に訴えかける何かがそこにはあった。それに呼応し、観客席からも声援が飛び始める。そんなサポーターからの後押しにプレーで応えようと、さらに奮闘する選手達。試合のボルテージは時間とともに、プレーを追うごとに上昇していく。

最初のビッグチャンスは20分。ピッチ中央の⑦伊藤から右サイドでパスを受けた㉖佐々木陸が、見事なタッチでDFを置き去りにし、飛び出してきたGKの股を抜くシュートを放った。惜しくもカバーリングに入ったDFにクリアされたが、ダイナミックな攻撃に南豊ヶ丘が湧く。

さらに28分、⑨佐々木竜太がバー直撃のミドルシュートを放てば、30分には⑩永里が㉕ファンテソンのスルーパスに反応し、追いすがるDFを引き剥がしてシュートを放った。どちらも得点にはならなかったものの、積極的なプレーでゴールに迫っていくユナイテッド。エリアの外や角度のないところ、DFにブロックされてでも、とにかく「点を取るんだ」という姿勢でシュートを放ち続ける。今シーズンこれまでになかった展開だ。得点こそ奪えなかったものの、確かな手応えを感じて前半を折り返す。

熱い試合に、相手だって黙ってはいない。後半最初にチャンスを作ったのはヴェルフェ。左サイド(ユナイテッドの右サイド)からパスを回し、最後はエリア外から枠をかすめる強烈なミドルシュート。

ユナイテッドもすかさず反撃。④保坂が右サイドから上げたクロスを逆サイドで㉕ファンテソンが拾い、落としたところを⑦伊藤が左足で叩いた。しかしこれはバーの上。惜しいシーンが続く。

後半5分のユナイテッド。⑨佐々木竜太がハーフウェイライン付近で右サイドに流れてボールを受けると、⑩永里がその⑨佐々木竜太を斜めに追い越す。⑩永里は⑨佐々木竜太の前方、つまり右サイド奥に走り込み、⑨佐々木竜太からのパスを受ける。⑩永里はDFを引き連れてきた。ペナルティエリア内にぽっかりとスペースができている。そこに走り込んだのは㉖佐々木陸。⑩永里がこの動きを逃さずパスを出すと、コントロールした㉖佐々木陸は小刻みなステップでDFのタイミングをずらしてシュートを放った。

シュートは右に逸れてしまい、これも得点にはならなかった。だが、選手が相互に互いの動きを感じ、入れ替わり、相手を翻弄してフィニッシュまで持ち込んだ見事なプレーだった。自然に拍手が沸き起こる。いい感じだ。やりたかったサッカーが、見せたかったユナイテッドが、そこにあった。あとはゴール。そして勝利。あと一歩だ。

だが勝負とは、サッカーとは、なぜこうも難しいものなのだろう。後半9分、 ヴェルフェにPKが与えられた。相手の右サイドからのセンタリング、中央で相手選手と競り合った⑦伊藤がエリア内でファールを取られてしまった。

そしてヴェルフェのPK。⑨が放ったシュートに㉛杉山が反応したが、うまく弾ききれず、ころころと転がったボールは無情にもゴールラインを超えた。前節に続き、またも先制を許してしまう。

ここでユナイテッドベンチはすかさず動く。⑯川田、㉖佐々木陸を下げ、㉓宮澤、⑬能登を投入。下を向いている暇はない。⑥ファンテジュンからは「焦らないでいいから!」の声。そうだ。落ち着いていこう。頭はクールに、ハートは熱く。まずは1点。ここからが本当の闘いだ。

この失点はむしろ、すでに熱かったユナイテッドの闘志に火を点けた。ここからユナイテッドの猛攻が始まる。⑥ファンテジュンのヘディングがバーを越え、⑩永里のヘディングがゴールライン上でクリアされ、⑨佐々木竜太のシュートがGKに弾かれる。⑩永里と交代で入ったばかりの㉗平尾のシュートがポストを掠める。惜しいシーンが続く。それでも。うまくいかなくても、クリアされても、必死でボールを追い、必死でボールを拾い、体をぶつけ、闘い、ゴールに迫っていく。得点まであと一歩。その一歩を踏み出すために、自分たちの殻を破るために、必死でもがくユナイテッド。これが見たかった。これを見せたかった。

カウンターを受けるシーンもあった。だが、もう失点を許す訳にはいかないと、守備陣も体を投げ出してゴールを死守する。17分にはカウンターから㉛杉山が相手と一対一になるが、右足で見事なセーブを見せた。

両チームの鬼気迫るプレーの数々に、観客も固唾をのんで試合を見守る。

33分、⑦伊藤に代えて⑭野村が入る。すかさずチャンス。左サイドに開いた㉗平尾の左足のクロスに、⑭野村がダイビングヘッド。だが、これもバーの上。

喉から手が出るほどほしい1点が、これだけやっても取れないものか。今日もだめなのか。普通ならそう思う瞬間があってもおかしくはないだろう。だが、ユナイテッドの選手たちからそんな弱気は感じられない。とにかく1点を取るんだ! という気迫それだけだ。アディショナルタイムは5分。時間は十分。

46分、ついに想いが結実する。⑨佐々木竜太が⑤香西の縦パスを受け、DFをかわそうとしてドリブルが大きくなったところに㉓宮澤が反応、ルーズボールをダイレクトでネットに蹴り込んだ。待望の同点ゴール。しかし㉓宮澤はそのボールをすぐに抱きかかえ、センターサークルへ走る。もう1点。俺たちは勝つ。

そして48分。④保坂から右サイドを駆け上がった⑭野村へ。⑭野村が中央に折り返すと、またも㉓宮澤が飛び込んだ。しかし、右足で打ったシュートは惜しくもバーの上。

残り2分。なおも攻めるユナイテッド。危機を察知して最前線から守備に戻った㉗平尾が相手のカウンターを阻止すると、㉕ファンテソンのアーリークロスに三たび㉓宮澤が反応。飛び出したGKと交錯し、エリア内で倒れる。土壇場でPKか!? だが、笛は吹かれない。そのまま試合は終了。1-1の引き分けとなった。

試合後、⑱岩政が象徴的な言葉を残した。「やっとシーズン開幕だね」。

確かに勝てなかった。だが、いい試合だった。見ごたえのある90分だった。やっと、やりたいサッカーが形になってきた。やっと闘えるようになってきた。やっとユナイテッドが覚醒めた。とても大きな勝ち点1を獲得したことは間違いない。これを続けていければおのずと――。

青い闘志を燃やしながら、ユナイテッドの戦いは続く。

【関東1部/動画ハイライト】東京ユナイテッド 1-1 ヴェルフェ (TOKYO FOOTBALL)

【東京ユナイテッド勝ち切れず 今季3度目のドロー (TOKYO FOOTBALL)

コメント

福田 雅 共同代表/監督

福田 雅 共同代表/監督

-先制を許しましたが、終了間際に追いついた今日の試合について
やっといい試合ができたと思う。なかなか結果がついてこないのはもどかしいが、思い通りにならない難しさもサッカーの一部。何かを変えるということではなく、辛抱強くやり続けていく。
-スタメンを入れ替えつつリーグ戦5試合を戦った印象は?
闘える選手、そうでない選手など、いろいろ見えてきたものはあるが、誰を出しても遜色ないということも確かめられた。もっとできるはず、と思う選手もいるけど、決して出来に不満のある選手はいない。序列ができつつある一方、皆十分に戦力になるということが確認できた5試合でした。
-ここから上位チームとの連戦になりますが、どう戦っていきますか?
負けたらそれまでのガチンコ勝負なので、特に大きく変えるということはないでしょう。