試合情報

2017関東サッカーリーグ1部後期9節

2017.09.24(日) 14:00 KICK OFF AWAY 日立ビルシステム大宮総合グラウンド
日立ビルシステム 日立ビルシステム
4

試合終了

0 前半 1
4 後半 3
4
東京ユナイテッドFC 東京ユナイテッドFC

マッチレポート

今節でリーグ戦は全日程終了。既に今年の優勝はVONDS市原に決まったが、もちろん消化試合にするつもりはない。1つでも上の順位で終わりたい気持ちはどのチームも同じだ。得失点差を考えると、ユナイテッドは今節引分以上でほぼ3位確定。今節の相手日立ビルシステムは残留争い真っ只中。降格回避のために必死で向かってくる。後々これが試合のカギを握ることに。

今節は⑥テジュンと⑩川田が出場停止。代わって前節劇的決勝弾の⑭野村と、ひさびさ出場の㉒ヨンジャンがスタメン。

立ち上がりからギア全開の日立ビル。ユナイテッドはやや引き気味になるが、こちらもカウンターでスピードのある㉗平尾、㉖佐々木が絡み相手ゴールに迫る。前半22分。左サイドの㉕テソンが浅い位置から上げたクロスを受けた平尾が落ち着いて決め先制。これで平尾はチーム最多の9点目。【1-0】

今シーズン何度も見られたユナイテッド得意のカタチでリードを奪うと、その後は危なげなく前半終了。前回対戦では圧勝した相手だし、無難に前半終えてあと45分、もう2点くらい取ってスッキリ東京戻ろうぜと。大半がそんな気分だったはず。

しかし後半始まって20分後、気がつけばスコアは1-4になっている。

(※失点内訳は①左サイド崩され、②パスミス奪われ、③右サイド突破され、④最後は中央突破。ほとんど無抵抗のまま次々に4点を失う。)

残留のかかる日立ビルがこのまま終わるわけはない。相手の逆転への想いを許した、我々のスキが招いた必然の4失点だろう。

ユナイテッドはこの試合に昇格も降格もかかっていない。だからといって最初にも述べたように、この試合を「消化試合」にするつもりはない。とはいえ「決戦」でもないのも事実。

そんなユナイテッドがリーグ戦最後の20分間、何をモチベーションに戦ったのか。それはおそらくリーグ戦3位を掴みたいという感情だけではないだろう。ただただこの試合、このまま負けて終わるわけにはいかなかった。順位だけではなく、この1試合のために戦った。

後半27分、左サイド深く攻め込んだテソンからのパスにニアの佐々木が詰め2点差。【2-4】

ユナイテッドは⑱岩政を前線にあげ、パワープレーを開始。さらに後半37分、野村が蹴る左CKを岩政が頭で合わせ1点差。【3-4】

そして終了間際のアディショナルタイム。ゴール正面のFK、野村が意表を突いた低弾道で右隅に決め同点。【4-4】

良くも悪くも今季を象徴する最終節。4点分の反省と4点分の手応え。この勝点1が来季に繋がるものになったのかは、来季にならなければ分からない。ただ、この試合が教えてくれたことは想像以上に大きかったはずである。

今季のJFL挑戦の道は終わりましたが、来季は関東1部を制しJFL昇格を達成できるよう、さらなる準備をして再び挑みます。

応援ありがとうございました!

2017年関東1部結果

3位 東京ユナイテッドFC

8勝4敗6分 勝点30