クラブ

クラブについて

東京ユナイテッドFC

東京ユナイテッドFC(TOKYO UNITED Football Club)は、 東京23区をホームタウンとするサッカークラブです。 Jリーグクラブとして、日本を代表する国際的なサッカークラブを目指します。

クラブ名 東京ユナイテッドフットボールクラブ(東京ユナイテッドFC) 英名:TOKYO UNITED Football Club
運営団体 一般社団法人 CLUB LB & BRB (2015年2月設立)
[共同代表理事] 福田 雅(東京大学運動会ア式蹴球部 監督/公認会計士/日本サッカー協会監事) 人見秀司(慶應義塾体育会ソッカー部 コーチ/元慶應BRB代表) [理事] 利重孝夫(東京大学運動会ア式蹴球部 監督/シティ・フットボール・グループ日本代表)
[発起人] 福井民雄(慶應義塾体育会ソッカー部 元総監督) 利重孝夫(東京大学運動会ア式蹴球部 監督/シティ・フットボール・グループ日本代表) 須田芳正(慶應義塾体育会ソッカー部 元監督) 福田 雅(東京大学運動会ア式蹴球部 助監督/公認会計士) 人見秀司(慶應義塾体育会ソッカー部 コーチ/慶應BRB代表) 胡内健一(東京大学運動会ア式蹴球部 助監督/東大LB監督) 他
事業内容 ・プロ及びアマチュアサッカーチームの運営及び各種スポーツ活動の運営管理 ・地域のスポーツ指導者派遣
ホームタウン 東京23区

エンブレム

東京ユナイテッド

東京ユナイテッドFCの前身母体である東大LB(ライトブルー)と慶應BRB(ブルーレッド&ブルー)を基調に、東京大学のイチョウ、慶應ソッカー部の荒鷲、そしてサッカーボールとペンを組み合わせ「文武融合」を体現するチームを表しています。

ユニフォーム

2018年より、東京ユナイテッドFCのクラブカラーを「ユナイテッドブルー」に変更し、これに伴い1stユニフォームを刷新いたします。 「ユナイテッドブルー」にはクラブのルーツである慶應BRB (ブルー・レッド&ブルー)と東大LB(ライトブルー)のそれぞれのブルーを“ UNITE”し、日本を代表する国際的なサッカークラブを目指す弊クラブとしての思いが込められております。 新ユニフォームは、ユナイテッドブルーを基調に、日本の伝統文化を示す市松模様があしらわれたデザインとなります。セカンドユニフォームとサードユニフォームには、クラブのルーツでもある慶應義塾大学体育会ソッカー部の黄色、東京大学運動会ア式蹴球部の水色を引き続き採用します。

フィールドプレイヤー

  • フィールドプレイヤー 1st1st
  • フィールドプレイヤー 2nd2nd

クラブ沿革

クラブ沿革

中期目標

中期目標