理念・沿革

サッカーを通じて人をつくり、社会をつくり、未来をつくる

私たちは、教育におけるスポーツの価値をサッカーを通じて世に訴えていくことを目的とし、東京大学運動会ア式蹴球部OBおよび慶應義塾体育会ソッカー部OB有志によって設立されたクラブです。 より長期的には、サッカーを通じて人を育て、その人材をスポーツの世界に還元していくことで、スポーツの産業化およびスポーツ文化の発展に寄与することを目標と掲げています。

VISION

国際社会をリードする人材の育成 ~「文武融合」の実践~

学問もスポーツも等しく教育コンテンツとして重要であります。必ずしも体を鍛えることだけがスポーツの目的ではありません。スポーツを通じて養われる判断力、行動力、忍耐力、さらにチームスポーツにおいては、集団生活における規律、自己犠牲の精神とともに自己主張の大切さ等々、いずれも社会で求められる要素です。学問とスポーツの両方からの学びを融合し、地域社会に貢献し、国際社会をリードする人材を輩出することが我々の使命と考えます。

東京23区内にJリーグクラブを創る ~東京から世界へ ビッククラブ構想~

日本ほどの経済力を有していながら、経済の中心たる東京23区にプロサッカークラブがないという現状は、日本におけるスポーツへの投資が活発でないことの証左だと思います。我々は、スポーツの価値を社会に訴えるとともに、そこへの投資価値も同時に訴え続けることで、日本におけるスポーツの真の産業化を実現していきます。また、「文の京」たる文京区を起点とした「地域」に愛されるクラブを創り上げ、将来的には、東京23 区からアジア、そして世界を代表するようなクラブを目指します。

東京を世界一の健康寿命へ! ~健康都市TOKYOの実現~

2020年東京五輪・パラリンピックが目前に迫る中、避けて通れない超高齢化社会の現実。スポーツを通じた健康増進はもとより、「人とのつながり」が健康寿命を延ばすために最も大切な要素であるとも言われております。LB-BRB TOKYOはサッカーだけでなく、様々なスポーツクラブ活動を通じて老若男女が集う場(時間・空間・仲間)を提供し、「健康都市TOKYO」の実現を目指します。

HISTORY

慶應BRB、東大LBの歩み

  • hukuda

  • banner_bunka_1

  • banner_pwc_1

  • under

  • Climb Factoryロゴ180_60

  • banner_saito_clinic_1

  • side-B

  • banner_child_clinic

  • sp-banner-ym-180x60px

  • 福島会計バナー

  • SPORTS PROGRAMS ba

  • oceanizelogo180×60

  • nanaho_banner

  • audience_ci_fix_logo&co2

  • ƒvƒŠƒ“ƒg

  • jarn_fix

  • DB_180-60

  • lbbrb_banner