ニュース

2018.01.20 クラブ

林健太郎ヘッドコーチ、ヴィッセル神戸強化部スタッフ就任のお知らせ

この度、林健太郎ヘッドコーチがヴィッセル神戸の強化部スタッフに就任することが決定いたしましたのでお知らせします。


<林健太郎ヘッドコーチコメント>

この度、ヴィッセル神戸に籍を移すことになりました。

2011〜13年の東大ア式蹴球部コーチから始まり、2014年東大LBと慶應BRBに選手登録、2015〜16年LB-BRB TOKYOヘッドコーチ、そして2017年東京ユナイテッドFCヘッドコーチと、7年間このチーム、このコミュニティで様々な経験を積ませて頂きました。

今回、一度外に出てまた違った経験をしたいという私の希望を快く受け入れてもらい、このような決断に至りました。

この間、関わっていただいた全ての皆様に感謝しております。

ありがとうございました。

この先成長した私の人生と、東京ユナイテッドFCが歩んで行く未来が、またどこかで交わることが出来たら最高です。

また会いましょう!


林健太郎


<東京ユナイテッドFC 福田雅監督コメント>

ついにこの日が来てしまいました。

僕の兄貴分であり、友であり、

そして最大の理解者である健太郎さんがクラブを去ります。


僕は常に言い続けているポリシーがあります。

「クラブには忠誠を誓え。

ただ、ステップアップとしてこのチームを去る時は、

誰でも快く送り出す。」


これは、選手だけでなく、スタッフ陣に対しても変わらぬスタンスです。

だから、健太郎さんも快く送り出したいと思います。


共に戦い続けた3年間。

元Jリーガーという経験に基づいて、

常に選手に寄り添い続けてくれました。

元日本代表という肩書を有していながら、

コーチとしての立場を弁え僕を支え続けてくれました。

そして、人生初の嬉し涙も共に流しました。

健太郎さんへの感謝の気持ちはここでは書ききれません。


本当に寂しい限りですが、

引退して5年以上経った今でも、

健太郎さんの価値が認められたことは素直にとても嬉しく思う一方で、

これが僕らが足を踏み入れようとしているプロの世界なんだと感じさせられました。


健太郎さん、成功祈ります。

成功以外に僕らは僕らの道が正しかったことを示す方法はないから。


東京ユナイテッドFC

監督 福田雅


■林健太郎(はやしけんたろう)

【生年月日】1972年8月29日

【経歴】桐蔭学園高校-駒澤大学-ヴェルディ川崎-ヴィッセル神戸-ヴェルディ川崎/東京ヴェルディ-ヴァンフォーレ甲府(2009年プロ選手引退)

プロ引退後、2011年より東京大学ア式蹴球部コーチを務め、2014年東大LB、慶應BRB(東京ユナイテッドFCの前身クラブ:当時東京都1部リーグ)で一時、現役復帰した。

2015年より3年間、LB-BRB TOKYO/東京ユナイテッドFCにてヘッドコーチを務めた。