ニュース

2017.12.31 クラブ

年末のご挨拶

2017年1月11日

岩政大樹 東京ユナイテッド入団決定


少なからずアマチュアサッカー界には

激震を走らせて2017年がスタート。


私も含め完全なるサラリーマン集団に

圧倒的なキャリアを有するプロフェッショナルが放り込まれたらどうなるか。

ある種の化学反応を期待すると同時に、

我々の「本気」を世に示す意図がありました。



オフィシャルスポンサー契約締結リリース全文



サッカー日本代表を応援するメガバンクが

こんな弱小クラブを応援してくださるなんて奇跡に近いことです。


みずほFC様HP内の東京ユナイテッドFC応援ページ






話題だけは振りまいたものの、

関東リーグ1部昇格一年目の結果は3位。

JFL昇格とはなりませんでした。


2010年のチーム結成から今日まで、

選手達にはひたすら言い続けていることがあります。


「仕事してサッカーして、サッカーして仕事しろ。」


「サッカーを仕事の言い訳にするな。仕事をサッカーの言い訳にするな。」


そろそろ通用しなくなってきたのかも知れません。

JFL昇格を懸けた戦いは、

そんなアマチュアリズムの美学でやり過ごせるほど甘くはないし、

そこにアイデンティティを求めると

Jを目指すことは自己矛盾を生じさせます。


我々はJを目指させねばなりません。

しかし、その戦いが選手達のサッカー人生にとっても意義あるものにせねばなりません。

そして何より、クラブの歩みが多くの方々の共感を呼ぶものでなければなりません。


人生もクラブも常に過渡期。

軸をブラさずに軌道の微修正が絶えず必要。


クラブづくりはかくも難しかったか。。。


何一つ達成できなかった一年間の振り返りは難しく、

歯切れが悪くて誠に申し訳ございません。

多くを語るのは何かを達成したときに致します。





最後になりますが、

こんな我々を応援し続けてくださった皆様、

本当にありがとうございました。

毎年、「来年が監督として最後の一年だ。」と思って年を越しますが、

今年もそうなりました。


そんなわけで、もう一年だけ温かいご声援を賜れますとこれ幸いです。

皆様のご声援は、皆様が思っている以上に僕の心を衝き動かしています。


東京ユナイテッドFC

監督 福田雅