NEWS

Jun 23, 2017 12:54 pm

東京都社会人サッカーリーグ1部第9節

7月16日(日)14:30KO@清瀬内山A面
LB-BRB Bunkyo 1-1 東京蹴球団
得点者:久保

試合開始直前、浅海監督から「相手は前年度のチャンピオン。今日ここに勝って、今年のチャンピオンになろう」という話から始まったこの試合。

メンバーはGK宮原 DF岡本、平野、並木、長尾 MF菅原、佐藤、小出、佐潟、FW久保、木村

前半は岡本、長尾両サイドバックの積極的な攻撃参加でチャンスを作り出すがなかなかシュートまで打ち切れない時間が続く。
徐々にリズムを掴むと、25木村の身体を張ったプレーや、11菅原の惜しくも枠を逸れるシュートなどがあったが両チームともゴールを奪えずそのまま前半は終了。

後半、立ち上がりから24佐藤のシュートや、セットプレーなどでこちらのペースに持ち込もうとした。
しかし、64分小見濃にミドルを叩き込まれる。
悪い流れを断ち切ろうとシュートを果敢に打ち続けるBunkyoイレブン。
79分森田のパスからペナルティエリア外からの久保の見事なシュートが決まり、試合を振り出しに戻す。
お互い攻め続けるもそのまま試合は終了。
東京都リーグ首位決戦は苦しい痛み分けとなった。

今節も応援ありがとうございました。

Bunkyo、東蹴の逃げ切り阻む 首位攻防戦は1-1ドロー【動画】(TOKYO FOOTBALL)

東蹴-Bunkyo 試合後:両監督一問一答(TOKYO FOOTBALL)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • hukuda

  • banner_bunka_1

  • banner_pwc_1

  • 180-60

  • under

  • Climb Factoryロゴ180_60

  • banner_saito_clinic_1

  • side-B

  • banner_child_clinic

  • sp-banner-ym-180x60px

  • 福島会計バナー

  • SPORTS PROGRAMS ba

  • oceanizelogo180×60

  • nanaho_banner

  • audience_ci_fix_logo&co2

  • ƒvƒŠƒ“ƒg

  • jarn_fix

  • DB_180-60

  • lbbrb_banner