試合情報

関東2部開幕戦【勝利】vs早稲田ユナイテッド

2016/4/3(日) 11:00 KICK OFF 
lbbrb
早稲田ユナイテッド
3 1 前半 1 1
2 後半 0
延長前半
延長後半
  PK戦  

得点者(アシスト者)

30分 小川(白井) 【早稲田ユナイテッド】
34分 香西(久保) 【LB-BRB TOKYO】
47分 黄大城(砂川)【LB-BRB TOKYO】
77分 砂川    【LB-BRB TOKYO】

警告・退場

20分 警告砂川【LB-BRB TOKYO】
38分 警告今野【早稲田ユナイテッド】
76分 警告卞 【LB-BRB TOKYO】
80分 警告小川【早稲田ユナイテッド】

先発

ポジション 背番号 選手名
GK 1 神舎 宏
DF 17
久保 優斗
DF 4 大和田 達
DF 28 香西 克哉
DF 6 黄 大俊
MF 14 卞 栄将
MF 19 長尾 林太郎
MF 11 川越 勇治
MF 20 野村 良平
MF 10 砂川 優太郎
FW 23 川田 悠介

控え

ポジション 背番号 選手名
GK 51 奥山 陸
DF 2 岩田 修平
DF 3 三上 佳貴
DF 25 黄 大城
MF 7 佐藤 聖
MF 8 山田 融
FW 16
三浦 良介

選手交代

OUT IN OUT IN
 HT 久保 優斗  黄 大城
 74 川田 悠介 三浦 良介
 87 卞 栄将 佐藤 聖

 戦評

思い返せば去年の11月27日。関東昇格がかかる関社準決勝を前に眠れぬ夜、関東リーグにあがったらどこと戦うんだろうと思いつつ順 位表を眺める。前年度都リーグから関東へ昇格した早稲田ユナイテッドは関東2部3位。LB-BRB TOKYOの前身慶應BRB時代から度々戦ってきたライバルは先に関東へ辿り着いた。来年こそは関東で早稲ユナと闘いたいと意気込んで関社準決勝へ。
11 月28日、関社準決勝に勝利したLB-BRBは関東昇格が決定。人生を賭けた準決勝に比べれば、明日の決勝戦に向けて正直気持ちが入らないもの。なんとか 決勝戦へのモチベーションを上げる材料を探そうとKSLの順位表をもう一度見直す。もし関社で優勝すれば、来年のKSL開幕戦は2部3位だったチームとや るんだな、それが早稲ユナだと気づけば決勝戦のやる気は上がった。
11月29日、関社を優勝し気持ちが来年のKSL開幕戦に向く。予想通りなら開幕戦の相手は早稲ユナ。昇格組はアウェー開幕だろうからおそらく会場は南豊ヶ丘。日付は4月の最初の日曜日だから4月3日。関社優勝の歓喜の中、既にここまで予想していたサポーター一人あり。
それから4カ月余り経ち、予想は的中。LB-BRBは4月3日の南豊ヶ丘でKSL開幕戦を迎えることとなった。
この試合は新戦力合流後初の公式戦。スタメンには新戦力5人を連ねる。試合前の記念撮影で、練習とは違う雰囲気のイレブンからは開幕戦らしい硬さを感じる。
キックオフ直後、やはり動きが固い。ボールを持っても前に運べないヨンジャン(前FC KOREA)、当たりが軽い野村(早稲田大出身)、跳べない久保(東京学芸大出身)。 練習で見せていた彼ららしいプレーが見られない。練習であれだけシュート打ちまくって球拾いを困らせていた積極性はどこへやら。スイッチが入らないのが伝 わってくる。ずっとLB-BRBを見ている方は分かると思うが、こういう試合展開の時は前半持ちこたえてハーフタイムに福田監督がやる気スイッチオン、後 半見違えるような動きになって最後に勝つというのが定番パターン。だが早稲ユナに押されっぱなしのLB-BRBを見るうちに、関東リーグではそう上手くい かないだろうというムードが漂う。ほとんどチャンスのないまま前半30分、CKから失点。【0-1】
逆にこれで目の覚めたLB-BRB。ハーフタイムを待たずして長尾(東京大出身)のやる気スイッチオン。他の選手も急に活発になり、縦パスやサイドチェンジも豊富になる。失点から4分後の前半34分、ゴール前に上がったフリーの香西(桐蔭横浜大出身)が落ち着いて決め同点。【1-1】
その後なんとか凌ぎきって前半終了。ハーフタイム、未だピリッとしない野村のスイッチをポチる。さらに左SBにJ2京都から加入の起爆剤ファンテソン(慶應大出身)投入。
後半のピッチに選手が出てくるやいなや、テソンの姿を発見したスタンドは大騒ぎ。ついにテジュン&テソンの最強兄弟が関東降臨を果たし、チームを率いる。
後半開始早々最初のCK。テソン騒ぎが収まらぬ中、こぼれ球がテソンのところにやってきてズドン。早すぎるテソンの逆転弾にチーム一同大騒ぎ。【2-1】
これチームは勢いづく。前半とは別人のように気迫あふれる野村を中心に、全員で相手を封じこめるLB-BRB。ディフェンスラインを落ち着きを取り戻し、相手に思うようにやらせない。
後半29分、川田にかわって三浦投入。雨のあがったグラウンドにたこやきレインボーを描けるか。
試合が落ち着いてきたかと思われた後半32分、中盤で受けた砂川が前を向く。サイドから川越と三浦が上がってくるも、やっぱり開幕戦ゴールを決めたいエースはそのまま前に持ってってゴール右下に流し込む。さすがエースである。【3-1】
2点差となると、あとはゲームを落ち着かせること。後半42分ヨンジャンにかわり、みんな大好き佐藤聖投入。
このまま3-1で試合終了。LB-BRBのKSL開幕戦は白星スタートとなった。
まずは1勝、しかしあと17試合残っている。都リーグとは比べものにならない厳しさのKSLをどう闘うか。休むヒマはない。
開幕戦南豊ヶ丘での大勢の応援ありがとうございました。引き続き関東リーグの応援をよろしくお願いします!

《福田監督試合後のコメント》

点差ほど余裕があったわけではなく、本当に薄氷踏むような勝利でした。
この勝利をもってKSLでやれるという確信が生まれたということはなく、厳しさを突きつけられた試合でした。
まずは翌週に全神経を集中させます。
■次節の日程

関東リーグ前期2節 4月10日(日)11:00キックオフvs日立ビルシステム@日立ビルシステム大宮総合グランド
長い関東リーグの戦いはまだまだ始まったばかり、今シーズンも応援よろしくお願いします!

 

S__114941955
試合前ミーティング

S__109568031
スタメン。このうち新加入が5人。

2016-04-03 12.58.26
鮮やかな関東デビュー弾を決めたテソン。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • hukuda

  • banner_bunka_1

  • banner_pwc_1

  • 180-60

  • under

  • Climb Factoryロゴ180_60

  • banner_saito_clinic_1

  • side-B

  • banner_child_clinic

  • sp-banner-ym-180x60px

  • 福島会計バナー

  • SPORTS PROGRAMS ba

  • oceanizelogo180×60

  • nanaho_banner

  • audience_ci_fix_logo&co2

  • ƒvƒŠƒ“ƒg

  • jarn_fix

  • DB_180-60

  • lbbrb_banner