BLOG

May 08, 2017 8:20 am

共同代表ブログ「聖地、小石川運動場(旧東京蹴球場)」

共同代表人見です。チームは前期3節終わって、1勝2敗という結果。
東京ユナイテッドは昇格チームのため、昨年の上位チームからの対戦となるので、
厳しいスタートは予想されましたが、やはり関東1部は甘くはないです。
そして、今週末から始まるホーム小石川運動場での2連戦。
昨年、小石川運動場で行われた唯一の公式戦、神奈川教員戦は0-1で敗れており、未勝利・ノーゴール。まだ、東京ユナイテッドの試合を観たことがないという方、是非とも、この2連戦に小石川運動場にお越し頂きたく。

まずは、アクセスが抜群です。飯田橋駅より徒歩4分という立地に、サッカーができる場所があること自体が奇跡です。
この小石川運動場は、昭和11年に東京府の中学校共同運動場として誕生し、昭和33年のアジア大会(フィリピン0 – 1 日本代表)や、
第39回【昭和34年】天皇杯決勝(関学クラブ1-0中央大学)が開催されるなど、歴史と伝統のある競技場です。
更には「東京蹴球場」と呼ばれていた時代もあり、ここはまさに「日本サッカーの聖地」の一つと言っても過言ではありません!
国立競技場も、さいたまスタジアムも素晴らしい競技場ですが、原点回帰で小石川運動場(旧東京蹴球場)にお越し下さい。
日曜ナイターですが、終わってから軽く祝杯をあげて気持ち良く帰宅するといった、都心のど真ん中ならではの、サッカー観戦スタイルも可能です。
今シーズンは、文京区との相互協力協定を締結させて頂いたおかげで、公式戦4試合を小石川運動場で開催いたします。

そして、小石川運動場の圧倒的な臨場感、ピッチと観戦エリアの距離です。
正直、Jリーグではありえない距離で試合を観戦することができます。もう、選手同士の体がぶつかり合う音から、岩政のヘディング音、黄大俊の指示の声まで聞こえる、この迫力。ピッチとフラットな高さでの観戦となり、少々、見難いところは否めませんが、逆に、選手の息づかいまで聞こえる距離で、真剣勝負の関東リーグが見られるのは、
小石川運動場くらいしかありません。ただ、残念ながらビール片手に観戦とはいきませんので、予めご了承下さい。また、クリアーボールが観戦エリアに飛び込んでくる可能性もありますので、試合中のよそ見は厳禁です。

当日は、ボールパーソン、担架係をはじめ、多くのボランティアスタッフにもご協力頂きます。オフザピッチのハードワークも含めて、チーム総力戦で小石川2連戦に臨みますので、皆様、応援のほど宜しくお願いします!
小石川image001

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • hukuda

  • banner_bunka_1

  • banner_pwc_1

  • 180-60

  • under

  • Climb Factoryロゴ180_60

  • banner_saito_clinic_1

  • side-B

  • banner_child_clinic

  • sp-banner-ym-180x60px

  • 福島会計バナー

  • SPORTS PROGRAMS ba

  • oceanizelogo180×60

  • nanaho_banner

  • audience_ci_fix_logo&co2

  • ƒvƒŠƒ“ƒg

  • jarn_fix

  • DB_180-60

  • lbbrb_banner